CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
NEWS PEOPLE
MOBILE
qrcode
<< 19才になりました。 | main | 先行詞を含んだ関係代名詞 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
誰か一緒に生きてください。@疾走 試写会
今日は疾走試写会に行ってきました!!!
私たちが会場に着くとすでに並んでいる人がいてびっくり。
みんな、早すぎだよ!笑
まあ、中に入ってみると前のほうの真ん中の席を取ることができました。
スクリーンが上のほうになかったので、すごく見やすかったです!

↓以下ネタバレがかなりあるので、読みたい人だけ読んでください!↓
<出演者>
シュウジ 手越祐也
エリ   韓英恵
神父   豊川悦司
アカネ  中谷美紀
新田   大杉漣

初めは小さい頃の回想シーンなので手越の出演はなし。
しかし、ナレーションは手越の声です。
そして、手越登場。
自転車を乗って沖にできた教会をテツと見ているところから。
見ているとわかるのですがこの時の手越は小6の役。笑

中学校のシーン。
学ランに白い斜めかけかばん。
15歳のブルースの浩平に似ています。
シュウジは陸上部に入っているのでジャージで走っている姿多し。
1回着替えている途中のシーンもありました。
この辺からエリとのシーンが増えてきた気がしました。
エリも陸上部だからね。

大阪に行き、アカネと会う。
まあ、そのときにアカネにストレートに言ったのはびっくりしましたが。笑
しかし、そういうシーンはカットでした!笑
でも、その後アカネとご飯を食べている時にアカネの夫の新田が出てきて、暴力を振るわれるシーンは結構痛々しかったですが…
見ていて本当に可愛そうでした。
あと、ミユキともベットでの距離が近かったです。
顔とかかなり近い…!!!
で、このあとからが結構話の展開が早かった気がします。
シュウジが東京に出てきてから仕事をしたりするのですが、
そういうのはありませんでした。
エリに会いに行きます。
しかも、エリのおじさんを殺すのが原作ではホテルの中だったのですが、映画では道路でした。

そして、最後のシーンは原作でも悲しかったけど、映画でも悲しかったです。
エリを守るシュウジはかっこいい☆

この映画を見て、手越はがんばって演技していたと思います。
初めてだしね。
そして、共演者の方は演技がうまい!
中谷美紀さんは大阪弁が本当にうまくてびっくりしました。
大杉漣さんは、今はがんばっていきまっしょいの悦子のお父さん役とは全く違ってましたから。
あと、韓英恵さんはもうちょっとうまくやってほしかったなぁと。(偉そうですいません…)

私は、事前に原作を読んでいたのですが、やっぱりかなり飛ばされてました。
ページ数の多い原作なので仕方がないことですが…。
シュウジとエリが一緒に自転車乗ったり、ダッコしたり、手をつないだりというシーンもあるので手越担や手越の好きな方にとってはかなりドキドキだと思います。
| 2005 Concert・番協 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック